アメリカのハリウッドといえば、ゴージャス、名声、スリル、そしてやはり、お金ですよね?ある映画作品を多くの人が見れば見るほど、その映画の続編を作るための資金が増えるのです。しかし、これらは本当にハリウッドの実態なのでしょうか?筆者の個人的な意見としては、「映画産業は私たちの人間社会を映し出した鏡である」と考えていますが、皆さんはどう思われますか? 

ところで、ギャンブルやカジノを題材にした映画は、人気のあるジャンルのひとつです。カジノやマフィア、ギャンブルに関連する犯罪には、実際に観てみないとわからない変化球的な面白さがあるのです。

 

『007/カジノ・ロワイヤル』 (2006年)

昔の世代を生きた方なら、本作が実は1967年に製作されたことをご存知でしょう。これは間違いではなく、本作がむしろリメイク版なのです。

2006年の『007/カジノ・ロワイヤル』の主役はダニエル・クレイグで、彼が演じたのは当然、悪名高いジェームズ・ボンド、つまり皆が大好きなエージェントです。本作の舞台は、遠く離れたモンテネグロで、高額賞金のテキサスホールデムゲームが繰り広げられます。カジノ、暴力、お金、興奮などがたっぷり詰まった、クラシカルなボンド映画に仕上がっています。

『カジノ』 (1995年)

作品名としては斬新なタイトルではないかもしれませんが、カジノ映画として象徴的だった作品であることは間違いありません。ジョー・ペシ、ロバート・デ・ニーロ、シャロン・ストーンが出演しており、この俳優陣の名前を聞くだけで、本作がいかに壮大なものかが理解できるでしょう。

マフィアとその敵のマフィア、巻き込まれた妻、そしてシン・シティ、つまりラスベガスでの生活が描かれています。

『ルール・オブ・デス/カジノの死角』 (1998年)

本作は、「奇妙すぎることはない」と伝えようとしているカジノ映画です。主人公のジャック・マンフレッドは作家であったのに、夜はクルーピアーとしてカジノで働くことを余儀なくされ、ガールフレンドのマリオンを完全に苛立たせるというストーリー。カジノでの生活は彼を内側から変え、突然、すべてを失い始めることになります。

果たして、ジャックはこの変化にどのように対応し、次にどういった行動を取るのでしょうか?ギャンブル映画とそれに伴うアドレナリンが好きな人なら、本作を見る価値があるのは間違いありません。

『モリーズ・ゲーム』(2017年)

この記事で紹介する中では、最も新しい映画である『モリーズ・ゲーム』は、実話に基づいている作品です。壊滅的な事故に見舞われた、元プロスキーヤーのモリー・ブルームの物語をモデルにしています。彼女はスキーだけでなく、地下で大金を賭けたポーカーを何度も開催していたそうです。果たして、その代償とは?ぜひ本作を観賞して、彼女の秘密を探ってみてくださいね。